税理士事務所の特徴

料金の変遷について

meeting

江戸川区には、個人向けの税務相談サービスを充実させている税理士事務所がたくさんあります。江戸川区には中小・零細企業経営者や個人事業主がたくさん住んでいるという特徴がありますので、法人向けの税務サービスに力を注いでいる事務所も少なくありません。でも、個人向けの相続相談サービスに対する需要が高まっているという傾向が見られます。税法が改正された影響で、江戸川区内にマイホームを持っていると相続税が課税される可能性が高くなったためだと考えられているのですが、今後、個人向けの税務相談サービスの利用希望者がさらに増加するだろうと予想されています。気になってくるのはその利用料金ですが、江戸川区内で営業している税理士事務所の場合、税務相談料は30分につき5000円前後の設定になっています。また、相続税の納税手続きを頼む場合であれば、遺産額の0.5〜1.0%前後の料金がかかります。

一昔前までは、どこの税理士事務所を利用した場合でも、全く同じ料金がかかる仕組みになっていました。なぜかというと、各税理士が利用者から徴収できる料金については、税理士会が決めた基準料金表にしたがうことに法律で決められていたためです。他の税理士よりも良いサービスを提供したとしても、決められた額の料金しか取ることができなかったため、やる気をなくしてしまう税理士が少なくありませんでした。その結果、業界全体のサービスの質が低下してしまうという事態に陥り、業界内部で問題視されるようになりました。自由競争にしてしまった方がサービスの質の向上に繋がるだろうと考えられ、法律が改正されました。現在では、それぞれの税理士事務所が自由に料金を決められるようになっています。